◆ 経歴 ◆
------------------ 2011年 --------------------
3月 東日本大震災発生。
3月 妻と海外移住を決意する。
6月 移住候補を調査。
11月 オーストラリアに移住することを決定。
12月 永住権について調べる。

------------------ 2012年 --------------------
1月 某質問サイトに永住プランについて質問。
5月 某質問サイトで同じ志の人(Aさん)と知り合う。
7月 基本情報技術者試験合格。
10月 応用情報技術者試験合格。
12月 ACSガイドライン翻訳を始める。

------------------ 2013年 --------------------
2月 ACSのガイドライン翻訳を完了。
3月 北海道情報大学に入学。
7月 妻と離婚。
11月 リアルの世界でAさんと合う。
12月 会社に海外について初めて話す。

------------------ 2014年 --------------------
1月 VISAエージェントを調査。
4月 VISAエージェントを3つに絞り込む。
5月 ワーキングホリデーVISAを取得。
7月 IELTSを初めて受ける。(score 3.5)
9月 VISAエージェントと契約。
10月 会社に海外移住と休職について話す。
12月 チケット購入。渡豪日決定!。

------------------ 2015年 --------------------
2月 会社を休職する。
3月 北海道情報大学を卒業する。
3月 渡豪(パース)
3月 語学学校に入学
4月 技術査定を提出(ACS)
4月 技術査定をパス(1週間で結果が来るのはかなり稀)
5月 技術査定の結果解釈に誤りがあることが判明。不服申し立てを行う
6月 不服申し立ての返答あり。結果に変化はなし。ターゲットを雇用主のスポンサーに変更。
7月 語学学校を卒業(Pre-Imtermidiate)
7月 就職先を見つける
10月 雇用主からスポンサーの話あり。
11月 雇用主からVISA申請のドキュメント指示がある。
12月 IELTSを受ける



------------------ 2016年 --------------------
1月 457申請に必要なIELTS over all 5.0をパス!
1月 Standard Business SponsershipとNomination申請を行う。
2月 457申請を行う。同時にPTW( Permition to Work )を申請。
3月 PTWの許可を得る。同じ雇用主の元、6ヶ月を超えての労働が可能に。
5月 Standard Business Sponsership申請をパス
5月 Nomination申請をパス。
6月 457申請をパス!
7月 お仕事お誘いを受け、別の会社に転職準備。新しい会社でNominationを再申請。
8月 新しい会社から提示された年収が15%アップする。
8月 無事に申請パス!転職を行う。
9月 新しい会社へ転職する。



------------------ 2017年 --------------------
2月 査定があり給料が年収5,000ドルアップ。





0 コメント:

コメントを投稿